パワーサブ工法® | 営業(工法) | 株式会社東北リアライズ

パワーサブ工法®

概要

パワーサブ工法は、大口径ボーリング削孔のうちダウンザホールハンマー削孔(単管方式)に属する工法です。施工方法は、減速機、エアハンマーと言った削孔ツールスをクレーンに吊し、簡易的な装置で固定するだけなので、杭間の移動や杭芯の位置出しが通常の施工方法に比べ、容易に削孔ができます。

特徴

  • 多様な地盤に適用が可能です。(砂礫~硬岩)
  • 同様のクレーン工法と比べ吊り下げる機械構成総重量が軽量なため、小型なクレーンの施工が可能です。
  • 吊り下げ重量が軽量なため、クレーンから離れた位置での施工ができます。
  • クレーン旋回による移動方法のため杭芯の位置出しが容易におこなえます。
  • 定尺ケーシングロットの継ぎ足しが不要なので一気堀ができます。

用途

施工用途は多岐にわたりますが現道から離れ仮設道路が必要な場所での抑止工施工や杭施工をおこないながらの架設が必要な鋼台桟橋の支持杭施工などに威力を発揮します。