ハットリング工法 | 営業(工法) | 株式会社東北リアライズ

ハットリング工法

概要

ハットリング工法は、液状化による被害軽減方策に分類される重量化工法としてのマンホール浮上抑制工法です。当工法では、マンホール本体自重および浮上抑制ブロック自重、上載土荷重(浮上抑制ブロック上部)により液状化時の浮力に抵抗し、マンホールの浮き上がりを抑制します。

特徴

  • 地震の影響の大きい市街地の既設マンホールはもちろんのこと、新設マンホールにも設置可能です。
  • マンホールールに穴をあけたり、内空断面を阻害することがなく、浮き上がりそうになった時に抑制する構造になっているので、マンホールに影響を与えません。
  • マンホール本体と浮上抑制ブロックとの間に隙間を与えているので、地震時に別々の挙動を示し、慣性力の増大に繋がりません。
  • 施工は地下埋設物の試験掘り程度の規模で行え、特別な施工技術は不要なので低コストです。

施工例


掘削

固定バンド取付

浮上抑制ブロック据付

据付完了