RSW(SMW)工法 | 営業(工法) | 株式会社東北リアライズ

RSW(SMW)工法

概要

RSW工法は、セメント、水、添加材などを混練りしたスラリーを地中の原位置で土(Soil)と混合・撹拌(Mixing)し、地中にソイルセメントの連続壁(Wall)を造成する工法です。この工法を弊社では、RSW工法(RAITO SOIL WALL)と称しています。

特徴

  • 高い止水性を確保できます。
  • 周辺地盤に対する影響が少ない工法です。
  • 工期の短縮が図れます。
  • 多目的利用ができます。
  • 低振動・低騒音工法です。
  • 発生泥土が少ない工法です。
  • H 形鋼材に応力を負担させるため、ソイルセメントは高強度を必要としません。

施工方法

施工例