特殊土木工事のパイオニアをめざす株式会社東北リアライズ

CSR 社会貢献活動

CSR活動/社会貢献

東北リアライズは、企業市民として社会の期待に誠実にこたえる社会貢献を目指し、
以下のような活動をしております。

2019年度活動報告

  • 幼稚園に竹製ベンチなどを寄贈(2019年2月)

    宮城県山元町発注の「山下地区地域防災がけ崩れ対策工事」において、現場内で伐採した竹林と杉材を利用し竹製ベンチ3基と竹馬3セットを、山元町の幼稚園に贈呈いたしました。当日は現場所長はじめ現場職員、協力企業職員と幼稚園からは園長や保育士、園児ら150人が参加。ベンチを贈呈した後、園長から現場所長に感謝状をいただきました。

  • みやぎスマイルポート・プログラムに基づくボランティア活動

    みやぎスマイルポート・プログラムとは、県が管理する港湾の一定区域において、定期的に清掃や美化活動をおこなうボランティア活動です。当社は宮城県よりスマイルポート・プログラムのスマイルサポーターとしての認定を受けており、仙台塩釜港仙台港区(臨港道路中野幹線)において毎年4月から活動を始め、年間3~5回のボランティア活動を実施しております。

    清掃ボランティア活動の様子
    清掃ボランティア活動の様子
  • みやぎスマイルロード・プログラムに基づくボランティア活動

    みやぎスマイルロード・プログラムとは、県が管理する道路における清掃などの環境美化活動を行うボランティア団体等を、県が「スマイルサポーター」として認定し、住民参加のまちづくりを進めるために平成13年12月から始まった活動です。当社はスマイルサポーターとしての認定を受けており、県内6か所において年間3~5回のボランティア活動を実施しております。

    清掃ボランティア活動の様子
    清掃ボランティア活動の様子
  • 広瀬川1万人プロジェクト(2019年4月・9月)

    杜の都・仙台のシンボルである広瀬川の自然環境を守り、多くの市民が親しめる広瀬川とするため、100万都市仙台の1%・1万人をキーワードとして、市民・企業・行政などで実行委員会をつくり活動を展開しています。
    主な活動は、春と秋に実施している流域一斉清掃です。2019年度、当社は4月と9月に清掃活動に参加いたしました。

    広瀬川1万人プロジェクト
    広瀬川1万人プロジェクト
  • 広瀬川で遊ぼう(2019年4月後半)

    当社は、毎年ゴールデンウィークに若林区広瀬川宮沢緑地で開催される、「広瀬川で遊ぼう」に協賛しております。
    4月後半に会場の設営等の準備をしております。

    • 「広瀬川で遊ぼう」会場の設営
      「広瀬川で遊ぼう」会場の設営
    • 「広瀬川で遊ぼう」会場の設営
      「広瀬川で遊ぼう」会場の設営