OPTジェット工法 | 営業(工法) | 株式会社東北リアライズ

OPTジェット工法

経済的で高品質の地盤改良体が造成できる新技術での低排泥低変位噴射攪拌工法

特徴

コスト・工期の縮減
極小摩擦抵抗の噴射ヘッド、独自の噴射攪拌理論、上段下段の噴射部設置という3つの新技術により施工効率が向上し、高速施工が可能になったことにより、コスト・工期を縮減しています。
低排泥・低変位の実現
噴射攪拌効率の向上による高速施工採用で改良体積に対する噴射量が低減できたため、低泥発生量が従来工法に比べて50%程度と少なくなります。また、低噴射量のため、周辺地盤への変位影響も極めて抑制されています。
幅広い改良径選択による合理化
改良対象の地盤条件に対して、施工仕様を多数設けているため、改良対象範囲において改良体を合理的に最適配置できます。

【工法特許】特許第3750066号「地盤改良工法」

適用例

施工順序

標準施工仕様

施工プラント配置例